研究開発部

 

仕事内容は・・・

 

見る・聞く・考える

お客様の仕事・作業を見ることで、困り事や要望の情報を得て、役に立つツールを考えます。

歴史とアイデア

『ものづくり』の歴史は長く、培われた技術レベルも高いです。
 そこに新たなアイデアを加え、新製品を生み出します。

諦めない

幾多の壁が立ち塞がっても、決して諦めずに道を切り開きます。

主な業務内容

DSC_0028[1]DSC_0002[1]14[1]

ニーズの把握

実際にお客様が作業している現場を見て話をすると、様々な要望や改善点に気付く事も多いです。

製品企画

新規に開発する製品の仕様、価格、開発期間などの設定をします。

構想検討・計画図

仕様を満足させ、且つ製造コストや耐久強度を検討し、CADにて図面化します。

試作品づくり

試作品は構成部品の確認も含め、設計者自ら組み立てるケースも多いです。

試作品検証

基本的な性能はもちろんの事、耐久試験により評価を行ないます。

量産品設計

試作品での評価を踏まえ、量産化に対応した設計を行ないます。

先輩社員の声

岩本 光央(産業機械担当)

DSC_0077[1]

丸善工業では、1人1機械を担当し、機械・電気・ソフトと全般に担当することもあります。
電気関係が専門だった私にとって、機械・ソフト関係の技術を取得するのには苦労しましたが、様々な経験をさせてもらったおかげで、今では機械全般を設計するまで成長することができました。
今後は、この技術を活かし、世に役立つ機械を開発し続けたいです。

 

深澤 哲也(建設機械担当)

DSC_0152[1]

研究開発部はもの創りの最初から最後まで関わります。
全てに関わるため、時には苦しいことが多々ありますが、苦楽を共にした分、最終的に製品として販売される頃には我が子を送り出すような気持ちが味わえます。
また建設機械関係では道路工事等、普段見かけるところで使用されるので、良い製品を開発しようという意欲が湧く部署です。