海外営業部

COMER11[1]

仕事内容は・・・

海外への製品・部品の輸出

自社製造の小型建設機械、特に油圧ハンド機械の輸出、定期的代理店の訪問です。

海外からの製品・部品の輸入

自社製造の小型建設機械の海外調達部品等の輸入業務です。

新規地域代理店の開発

海外展示会へ参加します。
目標地域の市場調査、売込みや新規代理店候補の訪問、打合せです。

主な業務内容

DSC_0010[1]image66[1]HUTTER_2[1]

外国語によるメール通信

主に英語による既存代理店および新規開拓代理店とのメールでのやり取りです。

見積書の作成

Proforma Invoice(見積書)の作成と確認です。

社内手配

注文機種・部品に応じて、社内手配を行います。

製品の出荷

注文・見積・納期に応じてInvoice(送り状)を作成し出荷手配をかけ出荷します。

代金の回収

Invoice(請求書)での支払い条件に応じて代金を回収します。

営業資料の作成

必要に応じて、製品の取扱説明書等、営業資料の和英翻訳を行います。

先輩社員の声

大森 泉穂

DSC_0143[1]

自社製品を自信をもって海外の異文化のお客様に販売するために、海外の人とのコミュニケーションが重要となります。ただ、文化、習慣は違っていても同じ人間であるため、誠意をもってしっかりと接すればおのずと結果が出ます。また、アフターサービスも忘れてはいけない重要なポイントです。外国語の語学力も重要なポイントですが、信頼関係を築き上げるのはさらに重要なポイントです。営業は、努力した結果が数字として表れますが、自分を信頼して注文をいただいた時の達成感と充実感は、営業ならではの喜びがあります。ましてや、異文化の海外代理店からの注文ですから、喜びはさらに増すことになります。