工作課

image94[1]

仕事内容は・・・

技術向上

課員の多能工育成をします。自動加工化を推進し、生産能力を最大限に引き出す組織です。

品質向上

求められる寸法精度を実現・維持できる、工程作業・加工方法を確立していきます。

主な業務内容

dsc_51231dsc_00861

部品加工

建設機械・産業機械の あらゆる部品加工をNC旋盤・5面加工機などで仕上作業をし、部品を作り上げていきます。

部品研磨

様々な工程から作り上げてきた部品を熱処理・メッキ加工後、最終工程を行います。 研磨加工です。

板金加工

半自動溶接機などで自動車用検査機器などのフレーム加工や、最先端の各種テスタなど製造しています。

稼働率アップ

汎用加工からの自動機取り入れ5面加工・マシニングセンターなどの夜間無人運転を積極的に行っています。

品質活動

過去の不良や不良になりやすい品物をピックアップして、リーダーが課員にアドバイスや意見交換を実施しています。

作業の標準化

作業者が誰が作業してもわかるような作業手順書(ツーリングシート)を作成し、標準化を図っています。

先輩社員の声

中村 健大

DSC_0209[1]

私は主に機械加工を担当しています。
試作品などでは、加工手順を考え、工具選定・プログラム作成・加工まで試行錯誤を繰り返しています。複雑で難易度が高い加工に挑戦し、上手くできたときは達成感や仕事の面白さを感じます。
多品種の加工が多いので、どうしたら品質と生産効率を高めることができるか考えながら日々改善し、もの創りにプライドを持って働いています。