組立課

image92[1]

仕事内容は・・・

組立のプロ集団

組立のプロとして高い意識を持ち、Q・C・Dを常に追求し活動を展開しています。

品質の最終検査員

部品組付け時の工程内検査員・完成機の最終検査員であり、製品の品質が基準値内に全ての製品が入っているか監視し、市場に不具合品を出荷しないよう常に意識して作業を遂行しています。

水平展開とチームワーク

問題発生時や部署への展開、繁忙時などの他部署協力を推進しています。
他部署作業の習得を積極的に行いスキルアップの向上を図ります。

主な業務内容

DSC_0319[1]DSC_0270[1]41[1]

品質活動

客先クレーム”0”
品質検討会指摘”0”
組立責任不良”0”
活動を展開中。毎月又は都度発表し目標達成を目指して活動中です。

組立工数低減活動

組立時間の短縮を図る為の部品入出庫、作業手順・作業方法の見直しを行い、常に改善を意識して行動しています。
改善は提案書に記入し提出しています。

稼働率のアップ

「その他」の不稼働作業を削除し、組立本来の主作業を増やすよう常に考えて行動するように努めています。
毎月の工場内個人データは各職場に掲示してあります。

作業の標準化

誰が作業しても同じように組付け出来るように、作業手順書の作成を行っています。

計画に基づく作業の推進

組立計画書による生産計画に対して各自工数計算を行い、人工数を割り当てます。割り当てた人工数で日程管理を実施し、納期厳守で作業を行っています。

作業量による課員の異動

組立課は作業内容により、4工場に分かれています。
各職場で常に仕事量が変動・繁忙の差が発生している為、作業者の労働時間の標準化を実施しています。

先輩社員の声

坂本 孝弘

image77[1]

組立作業で最も気を付けることは、ボルトの締め忘れ・組み間違えです。
組立課でのミスは、直接お客様と繋がってしまい、会社の信頼を失います。
しかし、決められた時間内にミスなく製品を完成させ、それを出荷するときはとても嬉しくなり、やりがいを感じます。