先輩社員座談会②

re2_title

re2_1 井伊智樹2013年入社
(研究開発部)

re2_2 栗田政弘2014年入社
(研究開発部)

re2_3 寺西汰郎2014年入社
(生産管理課)

re2_4 長田将秀2014年入社
(生産管理課)

Q1 仕事内容を教えてください。

長田
僕は、社内で加工する部品の生産工程の管理をしています。工作課で行う加工の指示書を作成したり、工作課で仕上がった部品を次の作業場の組立課へ運んだり、足りない部品の補充をしたり、滞りなく生産が進むよう部品の流れをチェックしています。
寺西
僕は長田さんとは逆で、社外で加工が必要な部品の生産工程の管理をしています。 製品の構成部品の中には外部から手配して使用しているものがあり、 それぞれの部品に合わせて様々な会社へ受注依頼をしています。手配した部品が社内へ入って来たら、長田さんと同じように工作課や組立課へ運んだりもしています。
井伊
僕は主にフィルター洗浄装置の設計から開発までを担当しています。
一つ一つの骨組みから、 ねじ一つ選ぶ事にも試行を重ねて、より市場のニーズに即した製品になるようにこだわり抜いて製品開発を手掛けています。
栗田
僕は自動車検査機器や帯掛け機等の製品について他社から「こんな仕様の製品が欲しい」と依頼があった際に、ベースを基に設計図の作成を行っています。要望に合わせて製作しなければいけない為、強度や構造など細かい点まで把握する必要があります。

Q2 入社前後のギャップはありますか?

寺西
僕は生産管理の仕事は、配属前から生産工程についての納期や金額を管理する仕事だと思っていました。配属後もイメージ通りの仕事をしていて、ギャップはあまり感じなかったな。 でも、資材の品質管理や手配もしたりと、資材についての仕事も多いから任される仕事の範囲は想像よりも広かった!
栗田
井伊さんは何かギャップを感じましたか?
井伊
最初は職人さんに怒られながら仕事を覚えていくのかと思ってた。プロの職人さんは正直こだわりが強くて、頑固そうなイメージがあったから。でも実際に一緒に仕事をすると優しく丁寧に指導をして頂き、自分の意見も聞いてもらえる。もちろん、間違えた時は注意されることもあるけど、今後同じミスはしないように理解しやすい説明もきちんとしてもらえてるよ。
長田
井伊さんは現場の人と本当に仲がいいですよね。
井伊
仲が良すぎて、ゴルフやボーリングに行ったり休日もよく会ってるよ(笑)同じ研究開発の栗田さんはどう?
栗田
僕の入社前の研究開発のイメージは、ずっと机に座って図面とにらめっこしているのかと・・・。でも実際は現場に行ってその場で手書きの図面を書いたり、他の部署の人と話をしたりと、 一人で黙々と作業をするわけじゃなく、周りとコミュニケーションを取りながら仕事をしているよ。
寺西
古い図面を使用することもありますよね。
栗田
そうそう。新しい図面を作成するだけでなく、過去に作成した図面を利用した仕事も多いんだ。30年前に作成した図面を見た時は丸善の歴史を感じたよ。
井伊
長田さんは?どんなイメージを持って丸善に入社したの?
長田
僕はね、仕事のイメージをあまり持たずに入社したんだ。
全員
え!?
寺西
会社を選ぶ上で、働くイメージは必要だと思うけど・・・。
長田
もちろん、説明会に行ったり採用情報を見て会社の概要や仕事内容はきちんと理解して入社することを決めたよ。でも、働くイメージを一方的に膨らめ過ぎて、いざ仕事をした時に 「思ってた内容と違う・・・」と仕事へのやる気を無くすことだけは嫌だったんだ。
寺西
仕事にきちんと打ち込む為の工夫だったんだね。それで実際に働いてみて、どう?
長田
新しい作業を柔軟に受け止めながら仕事をしているよ。寧ろ、新しい事へ自分からチャレンジする事が多いかな!あんな事もこんな事もやってみたいって!
栗田
仕事のイメージに捉われずに幅広い仕事をこなせているんだね!

Q3 やりがいを教えてください。

井伊
僕はやはり、自分が設計した製品をお客様に「これいいね!」と褒めて頂いた時に とてもやりがいを感じたよ。開発担当をしているフィルター洗浄装置の納品に同行させてもらった際、実際に使用する人と話をする機会があり、満足した様子を見ることができて作ってよかったと思えた。
栗田
産機の研究開発は、エンドユーザーと直接会う機会がほとんどないからそのような経験はまだないんだよね。でも、実際に自分で図面を書いて完成させた製品が動いているのを見ると 凄く達成感がある。当たり前の事だけど、「ちゃんと動いてる!」ってね。
井伊
製品が動いてる様子を見ると嬉しくなるよね!自分の子供のように思う時があるよ(笑)
寺西
図面を描いてる時は?そういう仕事も多いと思うけど。達成感はある?
栗田
そうだね。図面を描いてる時は試行錯誤の繰り返しだから苦労することもよくある。 でも悩み抜いて「これならいける!」と答えが見つかった時はとてもやりがいになるよ! 生産管理はどういう場面でやりがいを感じる?
寺西
そうだな、お客様の問い合わせにすぐ答えられるようになった時は、仕事を覚えてきていると実感できてやりがいに繋がっているよ! 電話でお客様から納期や価格についての問い合わせがよく来るんだけど配属されて最初の頃はすぐに答えられず、一度電話を切って調べてからかけ直す事が多かったんだ。でも最近は電話を切らなくてもすぐに答えられるようになってきて、社外手配の把握ができるようになってきたんだ。
長田
仕事の効率が上がってきているんだね!
寺西
長田は?同じ生産管理だけど。
長田
僕は仕事への責任感がやりがいになっているよ。 社内の工作課の生産工程管理をしているんだけど、どこか一つでも計画を間違えてしまったら全ての作業がストップしてしまうんだ。
井伊
流れを止めるかも・・・ってプレッシャーは感じない?
長田
もちろん、仕事をする上で間違えてはいけないという緊張感はある!でも何度も確認をしたり工程を見直すことでミスを未然に防ぐよう努めているし、プレッシャーよりも自分が任されているという責任感の方が強いですね!
栗田
若手にも責任のある仕事を任してくれるのはやる気に繋がるよね!

Q4 休日の過ごし方を教えてください。

井伊
僕らさ、休日でも一緒にいること多いよね(笑)
栗田
この前の休みも一緒にゴルフ行きましたもんね(笑)
長田
井伊さんはゴルフだけじゃなくて、富士山登山や伊豆マラソンにも他の社員と挑戦してましたよね!
井伊
そうそう!誰かが「こんなことやってみたい」とか「こんな所に行きたい」って提案するとすぐに「じゃあやってみよっか!」って人が集まるんだよね!!丸善はアクティブな人が多い会社だと思う! 僕は他にも地元の友達とダーツに行ったり、ご飯を食べに行ったり休日はとにかく動き回ってるよ(笑)
寺西
井伊さんとは反対に、僕は休日はのんびり過ごすことが多いかな。ゲームをしたり、ご飯を食べに行ったり、趣味の時間を作って息抜きをしてるよ!でも連休はたまに出かける事もあって、最近では車で伊豆へ温泉旅行に行ってきた!
栗田
車といえば! 僕は車が好きだから休日になると車いじりをしたり、パーツを買いに行ったり、ドライブに行ったりしてるよ!マフラーを買いに名古屋まで行ったこともあった!
長田
僕はゴルフや釣りへ先輩たちに連れて行ってもらったり、地元の友達とは夏は海水浴! 冬はスノボ―!ってやりたい事をやって過ごしてるよ!
寺西
それぞれ自分達なりに休日の過ごし方を工夫して、リフレッシュしているんだね!

Q5 今後の目標をお願いします!!

栗田
僕は主に2つあって、1つ目は3DCADを使用した設計図作成。2つ目は設計図のデータ管理。1つ目の設計図作成だけど、まだ3DCADを利用した図面作成が行われていない為、よりお客様のニーズに答えられるよう、新しい手法も覚えて取り入れていきたい!
2つ目のデータ管理については、現在丸善は特注品が多く、その分図面の量も膨大なんだ。 さらに過去の図面を見ることも多いから、一度全て整理してデータベース化し、効率よく図面を選び取ることができるようなシステム構築をしたい!
井伊
図面管理が今よりさらに強化されれば、作業がしやすくなるね。
寺西
僕は今の仕事を全て一人でできるようになって、新しい事も自分で判断して動けるようになりたい! まだ上司の仕事を引き継いでいる途中で、不安なところやわからない点を確認することがあるから、もっと仕事をこなして特別な資材手配がきても臨機応変に対応できるようになりたい!
長田
僕はよりQCD(品質・コスト・納期)を意識した生産管理と、新しく外注取引に挑戦したい! 今よりさらに細かな納期管理をする為に、加工時間や能力工数を理解して正確なリードタイムを計画し、工数削減や無駄を無くせるようコストダウンに力を入れていきたい。 また経理等の知識も取り入れて外注取引もしていきたい!
井伊
僕は全自動の丸善製品開発に挑戦したい!少子高齢化が進む今 「人の手をかけずに物をつくる」 というお客様のニーズが増えているんだ。 そんな中、全自動フィルター洗浄装置の開発に成功し、 注目を集めているからこそ、全自動製品を増やして丸善の新しい分野を拡大していきたい。