丸善道場とは

丸善道場の基本プログラム

組立・工作作業関連で必要な要素を112項目に分類し、現状のスキルに応じて、
入門編、初級編、中級編、上級編と段階を追ってレベルアップするようなプログラムを用意し、教育・訓練を丸善道場で行っていく計画です。
研修の基本プログラムは、座学研修50分、理解度テスト20分、実技研修60分となっています。

丸善道場設立にあたっての社長メッセージ

2013年4月に立ち上げた「丸善道場」において、モノづくりの基本から応用までを体感して下さい。
例えば、ボルトの締め方一つにも、いくつかの方法があり、それぞれに適した用途があります。
そうした技術を熟練者から学んでいくのが「丸善道場」です。
一定期間、組立や加工の現場をまわった後、修了試験を行います。
ここで得た知識や経験は、研究開発や製造管理を行う上で必ず役に立つはずです。

丸善道場の実施計画例(一部)

No. 座学研修内容 実技研修内容
1 組立の基本 トルクレンチの使い方や締付け作業の注意点
2 ネジ・ボルト・ナットの基本 組立基準表の内容と見方
3 軸受の基本 ベアリング、ブッシュ、シール(Oリング、オイルシール)等の名称や機能
4 キー・ピン・軸継手の基本 キー、ピン、軸、軸継手など軸関連部品の名称や機能
5 巻掛け伝動装置・ばねの基本 チェーン、スプロケット、ベルトなど巻掛け関連部品の名称や機能
6 接着・シールの基本 シール剤(シールテープなど)接着剤の用途の違いや使用上の注意点

 

2[1] 20140324_153921[1] 11[1]

丸善道場受講者の声

No.2「ネジ・ボルト・ナットの基本」を受講して

  • 今まであまり勉強してこなかった内容なのでよい勉強になりました。
    これからの仕事の中で学んだことを頭に入れて作業していきたいです。
     
  • 前職の経験ではネジ・ボルト・ナットの基礎知識はなかったため教えていただき、大変助かりました。
    今後の業務に役立てます。

No.3「軸受の基本」を受講して

  • オイルシールの圧入は今までやったことがなかったので勉強になりました。
    今後、現場でもやると思うのでミスなく作業をしたいです。
     
  • ベアリング、オイルシールを交換するときに圧入冶具だけでなく受も必要だとわかりました。
    今後の作業で学んだことを参考に考えながら作業します。
2[1] 20140324_153921[1] 11[1]