丸善工業とは
丸善工業はニッチな分野で活躍する「開発型」機械メーカーです。

丸善工業は、建設機械・自動車検査機器・包装梱包機器・健康関連機器と
幅広い分野の機械を開発・製造・販売する「開発型」機械メーカーです。
「開発型」という言葉は、単に製品を開発するという意味だけでなく、
お客様が認知していない潜在的ニーズを深く探り、
まだ誰も見たことのない世界初の製品を開発することで、
ワクワクと喜びを与えるという意味も込められています。

「開発ー製造ー販売」 と製品に関わる全ての工程を一貫して行う当社だからこそ
可能にする 「オンリーワン、ナンバーワン」 製品は
モノ創りを通じて、世界中のお客様の笑顔を創ります。

事業紹介

丸善工業の核となる3つの事業についてご紹介します。
この他にもお客様からのご要望で下記とは異なる分野の製品も扱っており、フィットネスジムで使用されるトレーニングマシンの開発、体育館に設置する電動バスケットゴール、エレベーター特殊装置の製作も行っています。

01.建設機械事業

事業紹介建設機械

工事現場で活躍する小型建設機械

油圧を動力とした小型建設機械を製造・販売しています。
使用される現場は幅広く、道路工事や建設工事、時には水中工事にも使用され、人々が生活する上で必要なインフラ整備に大きく貢献しています。

02.自動車検査機器事業

自動車検査装置機器.1

自動車メーカーや車検場で使用される車両検査設備

ブレーキ&スピード、アライメント(サイドスリップ)テスター、イコライザー、排煙装置、リフト装置をはじめとする自動車検査機器は、国内外の自動車メーカー、車検場、修理工場で使用されています。

03.帯掛・包装機器事業

OB-360

物流市場で活躍する帯掛機・包装機

1970年に帯掛・包装機器事業がスタートし、当社が開発製造した半自動梱包機は、世界的なヒットとなりました。
現在は帯掛機の開発・製造を中心に行っています。
その他、新聞社の搬送ライン向けに包装装置を製造しています。

丸善工業の強み

丸善工業の強み.5
丸善工業の強み.2
丸善工業の強み.6

01.ニーズに合わせた多品種少量生産体制

「1機種で一万台創るよりも、100機種を100台ずつ創りたい。」
当社、諏訪部社長の言葉にもあるように、お客様一人一人のニーズに合わせて数多くの新製品を開発する多品種少量生産体制で、これまで世界初となる製品を多数手掛けてきました。またこの仕組みにより大手企業が参入できない二ッチな分野にも対応が可能となり、市場が一つに偏ることがないため、特定業種の浮き沈みの影響を受けづらいことも強みの一つです。

02.「開発ー製造ー販売」 全ての工程を一貫して行う完成品メーカー

丸善工業は、「開発ー製造ー販売」と製品をお客様へ届けるまでの全ての工程を自社で一貫して行っており、工程を管理することでニーズに即した高品質なもの創りを可能としています。60年以上続く一貫体制により開発力・製造力・営業力とあらゆる技術力が磨かれた結果、お客様のご要望を受け、丸善オリジナルな特長を盛り込んだ「オンリーワン、ナンバーワン」製品の開発を成功させてきました。
また、自社で一貫して行うもの創りだからこそ業種が幅広くあるため、若手の頃から様々な経験ができ、スキルアップに繋がります。

03.「約55ヵ国」と豊富な海外ネットワーク

日本を軸足にした事業に加え、海外へ輸出も行っており、約55ヵ国との取引実績があります。輸出している製品は主に建設機械で、現在では建設機械部門全体の売上の4割を海外が占めています。
海外営業部門へ配属になると、代理店の訪問や展示会に参加するために海外へ行く機会もあり、実際に海外営業部に配属になった入社1年目の若手社員がアメリカ・オーストラリア・中国へ行き、実践研修に参加しました。